電脳タイムズ

ポケモンUSM、遊戯王デュエルリンクスの戦績・考察記事を書いていきます。

【遊戯王デュエルリンクス】デュエルキング到達!! 【真紅眼(レッドアイズ)】解説!!

閲覧頂きありがとうございます!

今回のランク戦使用デッキは、【真紅眼】です。

最近のパックで強化されたものの、思うように結果が出ずに色々と試行錯誤し、デュエルキングまで到達することができました。


使用したデッキレシピです。

f:id:fpra1320:20170620003414p:plain


まず、スキルは海馬の「頂に立つ者」です。

スキルに関しては色々と候補がありましたが、最終的には三星ブラマジに強い山展開に落ち着きました。

山を張ることで、真紅眼がブラマジの打点を丁度100ポイント上回れ、殴り合いを制することが可能になります。

また、狩場戦においては相手モンスターもパンプアップさせてしまいますが、打点の優位関係は山があってもなくても狩場がある以上変わらないので大して気になりませんでした。


採用カードですが、まず、雛展開ではなく尖兵を採用しました。

真紅眼を墓地に送る手段として、紅玉が最も強力なカードで、このカードと拮抗する雛の採用は難しく、山によるビートダウンが強力だと考え尖兵にしました。


ワイバーンは2枚採用です。

山下2000打点は単純に2回殴ればゲームエンドという数値です。

蘇生効果はそこまで重要なものではありませんでしたが、ここぞという場面で場のモンスターを切らすことなく立ち回れたのは強かったです。

後述する魔道雑貨との相性も良き。


青竜の召喚士も2枚です。

真紅眼サーチから紅玉を打つ動きが強いですし、序盤における様子見でアド損しないこのカードは重要でした。

ただし、終盤はデッキ内に真紅眼が空になるので2枚刺し安定でした。


魔道雑貨をピン刺ししていますが、非常に効果的で、大成功の1枚です。

まず、序盤で場に置くカードとしてワイバーンや尖兵より間違いなく安定で、紅玉やスピリッツのサーチの他、真紅眼、ワイバーンの肥やしが狙えます。

さらに言うなら、もしも雑貨1枚から真紅眼落ちスピリッツ引きが実現したら...

どれだけ強力かわかると思います。

しかし、20枚デッキでそれらが3積みされている以上その可能性は十分にあり、実際それで何度も好機を演出してきました。

さらに、昆虫であるため羽蛾メタにもなります。

この1枚がデッキの安定にかかせないものとなりました。

【真紅眼】に強く採用をオススメする1枚です。


真紅眼展開カードとして紅玉2枚、スピリッツ3枚です。

紅玉は3枚打つ機会がなく、真紅眼を切るカードとして尖兵と合わせて4枚体制です。

ドロソとして非常に優秀で、スピリッツ引きが狙えました。


スピリッツは当然3積みです。

ワイバーンのおかげで腐ることがほとんどなくなりました。

使いどきが非常に重要で、相手ダイレクトアタック時やこちらの攻撃時に相手のエネコン、イタクァとの駆け引きを制するために打つのが強いです。

フリチェであるため、狩場戦でよく迎撃してくれました。


汎用はエネコンが3枚です。

なんだかんだ最強のカードです。

ビート合戦を有利に進めるだけでなく、コントロール奪取からトドメを刺したりと大活躍でした。

三星降格との対戦時に、序盤相手のバックが弱くて上級奪って2000ライフを削るだけのゲームが何度かありました笑

また、サクリファイスに合わせて打って、返しにATK0を殴ってました。

エネコンのコストリリースとスピリッツの相性が非常に良かったです。

3枚確定だと思います。


道連れは青眼、リボルバーなどの上級対策に1枚入れました。

他に良いカードあったら真っ先に抜ける枠ですが、リボルバーを何度か葬ってくれたのは良かったです。


最後にバーストブレスですが、これは間違いなくデッキ最強のカードでした。

フリチェであるため、サクリファイスエスケープによる相手カードの不発を狙える上、ワイバーン、尖兵、真紅眼より高い守備力のカードがほとんど環境にいないため場を殲滅させることができました。

突撃司令の上位互換のような使い心地でした。

また、相手の仮面に縛られたモンスターを逃したりできます。

バーストブレスをうまく打った試合では、ほとんど負けないほど試合を決定づける力がありました。


以上で今回の構築記事を終わります。

お気に入りの真紅眼でデュエルキングに到達できて非常に満足でした。

ランク戦改修でより厳しい戦いになると思いますが、引き続き真紅眼で勝ちたいと思います。

 

 

 

 

↓↓Twitterやってます↓↓
http://twitter.com/liva10red